きれいな庭

正しく管理

間伐を正しく行うことによって山の成長を促進することができ、国内の林業の活性化にもつながってきます。住宅などに使用される木材を生み出すのは林業です。良質な木材を作り出すためにも間伐は大変重要になってきます。間伐を行わないと太陽光を十分に取り込むことができないため、木の成長を十分に行うことができないのが現状です。木が密集すると森の中に日光が入りにくくなってしまいますので下草が育たないという状態になります。そうすると、森の保水力がなくなってきて土砂崩れが起きやすくなってきたりします。また、動物たちの住処である木がなくなってしまう可能性もあり、生態系に異常もきたす可能性も出てきます。そのような事を考えると伐採はとても大切なことだと理解できます。

間伐を適切に行い森林を維持管理することができれば、海外からの輸入に頼ることなく木材を供給することができるため日本経済も活性化します。伐採を行うことで得られるメリットは数多くあり、水源の確保にもつながります。裸の土地と比較して水分保有量が3倍まで上がってきます。さらに伐採をすることによって木の成長を促進することにつながるため、空気中の二酸化炭素を森に固定させることができます。そのため、地球温暖化の抑制にもつながり環境にやさしい作業ということが言えます。密集した状態の木だと生存に危機を感じて花粉を通常よりも多く飛ばすといわれているため、間伐を行うことによって花粉抑制対策にもつながります。近年、花粉症にかかっている人が多くなっているためアレルギー対策にも役立ちます。

世の中には、防犯グッズと呼ばれるアイテムが多数存在します。数ある防犯グッズの中でも、少し特殊なものとなるのが、防犯砂利と呼ばれる防犯に特化した庭に敷く砂利です。

防犯グッズの中でも現在注目を集めている防犯砂利は、一般的な砂利とは違い、音がなりやすくなっています。これにより、少しの足音でもすぐに気づくことができ、トラブルを防ぐ事が出来ます。

庭付きの住宅、あるいは施設を持っている方で、欠かせない存在となるのが、防犯砂利です。防犯砂利は近くのホームセンターやインターネット通販サイトなどで、気軽に購入する事が出来ます。